大阪にある通信制エステ学校が社会人にお勧めの理由

美顔や脱毛・リラクゼーションマッサージなどのエステは、一昔前までは女性のみが受ける施術と思われていました。

ところが昨今は男性の美意識も向上しており、若い方から年配の男性も脱毛等の施術を受ける方が急増しています。エステの需要が高まってることから都心部だけでなく郊外でも求人が相次いでおり、副業としてエステティシャンを目指される方もいるほどです。エステティシャンになるには、高校卒業後に専門学校へ入学して基礎美容学から医学・薬学のほか、実技実習を受けて資格取得を目指す必要があります。

エステ学校は全国各地に2020年5月時点で計2、500の学校があり、18歳以上であればどなたでも入学することが可能です。西日本を代表する大都市・大阪には計320もの学校が集っており、全国的に見ても非常に数多くの施設があることが伺えます。学べる場所が多いということは、それぞれの施設が特色を色濃く出しているということでもあります。そのため、全国では珍しい通信制というカリキュラムを設けているところが大阪にはあるほどです。

通信制とは通常の学校と違って、毎日通学する必要がありません。学習スタイルの主軸は自習になっており、学生が自身のペースで学科を学んでいけるのがメリットです。大阪では土日にスクーリングという通学日を設けていて、この時に実技を学ぶことが可能です。社会人であれば日中は普段通り仕事をしつつ、夜間の空いた時間に勉強をして尚且つ土日の休みに実技も身に付けられるので、効率よく資格取得を目指せることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *