アロママッサージはとても癒される至福の時間

私は数年前まで自分の体がとても疲れているなんて思ってもいませんでした。働いていれば多少の体の不具合はあるものと自己のケアを全くしなかったのです。そんな私がアロママッサージを受けることになったのは、体が悲鳴をあげたからではなく心が疲れ果ててしまったからでした。仕事のストレスから無気力になり、転職を考え始めました。

そこで思い出したのが、小さい頃に両親に肩もみをして大変喜ばれたことでした。それで、誰かを癒やす仕事をしようとマッサージスクールに通い始めたのです。アロママッサージを受けるより習う方が先という珍しいパターンだと思います。実際にアロママッサージを受けてみないことにはどんなものか分かりませんから、先生から施術を受けるのですが、これが何とも言えない気持ち良さでした。

アロマと出会ったのもそれが最初です。私は柑橘系の香りが好きなのですが、オレンジのアロマでマッサージしてもらった事を覚えています。マッサージが始まって直ぐに、先生から体の疲れが相当たまっていることを指摘され、私にはその自覚が無かったので大変びっくりしました。実際に施術の前と後では体の軽さが全然違いました。

どれだけ自分が疲れていたのか、体を労ってなかったか、その時初めて気づきました。スクールは3ヶ月通い、無事に卒業することが出来て、今は人にしてあげられる立場ですが、勉強と称してアロママッサージをいろんなところに受けに行くのが大好きです。本当に見違えるほど体がリフレッシュされますから。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *