アロママッサージのアロマと施術方法

アロママッサージに欠かせないのがアロマです。アロマとは、芳香と訳され、アロママッサージは、このアロマの香で心をリラックスさせながら行うマッサージです。このアロマを生み出す精油にはいろいろな種類があり、精油はエッセンシャルオイルとも言われます。精油には香を発するという特徴があると同時に、蒸発するという揮発性があります。

このため香りが部屋に充満しリラックス効果を高めてくれるのです。多数の種類の精油のうち、代表的なものにレモングラス、ラベンダー、ローズマリーなどがあります。レモングラスの特徴は、すっきりとして香りで、効果としては、集中力が増したり精神を高揚させたりすることです。ラベンダーの特徴や効能は、深いリラックスを得ることや安眠できる効果で、身体的な効能としては、頭痛・胃痛などにも効果があると言われています。

ローズマリーの特徴は、清涼感を感じる香りでしょう。効能としては、気持ちのリフレッシュ効果や冷え症に効くということが挙げられます。アロママッサージの施術方法は、まずうつ伏せで肩や背中のマッサージから入って、その後下半身もしっかりマッサージします。コースによってはリフレくソロジーを組み合わせる場合があります。

その後、仰向けになって腕や手、デコルテなどをマッサージするのが一般的です。全体として、リンパマッサージを組み合わせる場合も多いです。アロママッサージを受けることによって、深いリラックス効果とリフレッシュ効果を得ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *