赤ら顔の悩みは美容クリニックへ相談しましょう

顔の赤みはセルケアではなかなか改善しにくく、悩んでいる方も多くいらっしゃいます。赤みの原因は人により様々ですが、最も多いのが毛細血管の拡張です。本来血管は、必要に応じて拡張と収縮を繰り返しています。しかし、何らかの原因で拡張したままになることがあり、結果的に肌が赤らんで見えるのです。

また、毛細血管が痛み、ちぎれた状態になっていることもあります。細かな血管が肌に散っていることで、赤く見えている場合もあります。美容クリニックでは、こうした症状の治療も行っています。特に、最新の美容法であるフォトフェイシャルは、肌を傷めることなく行える治療として、注目を集めています。

美容クリニックで行われるフォトフェイシャルとは、IPL光線と呼ばれる光を肌に照射する治療法です。従来のレーザー治療とは違い、非常に優しい作用でお肌の再生を促すことができます。IPL光線は肌表面を通過し、真皮へと到達すると、メラニン色素や毛細血管に反応して作用します。光により刺激を受けた血管は収縮し、自然と肌の赤みを減らしていくのです。

また、ちぎれた血管やメラニン色素などは、老廃物として肌表面に浮き上がり、排出されるようになるのです。施術は光を照射するだけのシンプルなものですから、強い痛みや副作用の心配もありません。従来のレーザー治療のように、かさぶたを作ることもないため、治療後はすぐに普段と同じように生活できるのです。美容クリニックの技術は日々進歩しています。

肌のトラブルに悩んでいたら、カウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *