日本語教師という仕事

日本語教師とは、外国人など日本語を母語としない人に、外国語として日本語を教える仕事です。


日本人に日本語の授業をする国語とは、カリキュラムや教え方、学ぶ目的などが違うので、日本語教師として働くためには特別な知識やスキルが必要となってきます。

日本語の能力や教える技術のほかに、異文化に対する理解、多国籍の生徒やレベルのさまざまな生徒に対応するコミュニケーション能力、歴史や文化、政治経済をはじめ日本に関する幅広い知識に精通していることなどが求められます。

日本語教師情報について詳しく解説しております。

日本語教師として働くために、資格は必須のものではありません。



いわゆる教員免許にあたるものはなく、無資格で教えることに対する罰則などはないからです。
しかし実際には、多くの日本語学校などが教師の採用基準として「日本語教育能力検定試験合格」か「日本語教師養成講座420時間修了」、または大学などの高等教育機関で日本語教育に関わる学科を修了していることを挙げています。

日本語教育能力検定試験には特に受験資格の制限はなく独学でも挑戦できますが、試験は年に一度で合格率は20%程度とかなりの難関です。
そこで、大学などで専攻していない人は、養成講座を受講する方法が一般的です。



文化庁が示した「日本語教師養成のための標準的な教育内容」の指針に沿った420時間の講座を修了すると試験を受けずに有資格者と同じ扱いになります。

養成講座には、通学制のほか通信制のものもあり、自分ペースで学ぶことができます。